Newsお知らせ

ホーム > 活動報告

SHS工法のZEH対応や断熱・気密施工の実際を研修会で学びました

2018.06.20

北海道SHS会は6月12日、札幌市内のかでる2・7で会員向け研修会を開催し、約50名が集まりました。

実際に使用したテキストです。中身は会員専用なので残念ながら公開できません

研修会の前半は、ダウ化工(株)技術開発本部の松本崇氏が「2018年の国策助成金(ZEH関連)とこれからの断熱仕様について」を講演。業界紙に掲載された工務店アンケート結果を引用しながら、道内の住宅会社が断熱仕様に対してどんな意識を持っているかを解説。国のZEH政策や補助金についての基本的な考え方と、国土交通省、経済産業省、環境省などが募集する補助金の概要と違いについて説明しました。

その後、豊富なシミュレーション事例を使ってSHS工法のZEH仕様を詳しく解説しました。太陽光発電システム(PV)の搭載量を現実的な6kW以下に抑えるには、断熱性能=UA値がだいたい0.28W以下が必要で、そうすれば概ねZEHの要件を満たすことが可能だと結論づけました。しかし、間取りによっては7kW以上PVを搭載しないとZEH要件を満たさないことがあります。ZEHに最適化した設計の重要性を強調しました。

なお、ダウ化工では、2020年の省エネ基準義務化を見据え、北海道SHS会会員に対して基準クリアに必要な計算業務の無償サービスを提供しています。これは会員へのきめ細かなサポートの一例。ほかにも、ZEH仕様についての研究・サポートも行っており、忙しい会員工務店にとって欠かせないサービスとなっています。

休憩を挟み、研修会の後半は首藤一弘会長((株)丸三ホクシン建設社長)が自社の施工現場の写真を豊富に使いながら、SHS工法の断熱・気密施工の納まりなどを説明し、会場の参加者とディスカッションしました。SHS工法では標準となる断熱厚は決まっていますが、会員各社は細かなところで工夫をしています。たとえば、首藤氏は、スタイロフォーム断熱材を現場で有効に活用できるよう、外壁と屋根部分のスタイロフォーム断熱材の厚みを共通化し、外壁と屋根の断熱材を使い回ししやすい仕様としています。このことで、現場でゴミが出にくく、余計なコストもかかりにくくなっています。

また、窓まわりの気密施工の手順説明では、「当社ではやったことのない施工なので、納まりを詳しく説明してほしい」と、会場から質問が出たので、首藤氏がホワイトボードに書いて納まりを説明しました。それ以外にも、会場から質問が次々と出て、活発な研修会となりました。

首藤会長は、「会員の世代交代も進んで若い参加者も増えている。北海道SHS会が30周年を迎えたのを機に、初心に立ち返って断熱や気密施工について会員同士で情報交換を行うことで会の発展につながる道筋をつけたい」と話しています。当会では、今後もこのような研修会を継続的に開催する予定です。

 

【根室中標津支部】5月20日に植樹祭を開きました

2018.06.09

5月20日(日)、北海道SHS会根室中標津支部で毎年恒例の植樹祭が開かれました。風が強く、午前10時半の開始時は気温は11度前後。青空の中、ときおり雲も顔出す肌寒い天候でしたが、多くの参加者が集まり、旧開陽牧場跡(開陽台の近くです)で植樹活動を行いました。

今回は0.4haの広さに約1000本のシラカバ苗木を植樹しました。
約1時間ほどで植樹が終わりました。

北海道SHS会では、こうした支部の植樹活動を積極的に支援しています。
家づくりに木材は欠かせませんが、住宅事業者として木を消費するだけでなく、木を切った山に植樹して森林に戻していくお手伝いも必要だと考えています。森林には人間の経済活動で排出されるCO2を固定する働きがあり、地球の温暖化防止を考えていく上で重要な役割を果たしています。

SHS工法は、高断熱・高気密工法として40年近い歴史がありますが、その目的は、エネルギー消費の少ない高性能な家を建てることによってCO2の排出量を減らし、地球環境の悪化を食い止めることにあります。植樹活動は、こうした地球環境への貢献という意味でつながっており、来年もまたこうした活動を続けていきます。

SHSの家が15%増。北海道SHS会30周年を迎え新会長に首藤氏

2018.03.06
30周年を迎えた北海道SHS会

30周年を迎えた北海道SHS会

今年、設立30周年を迎える北海道SHS会は1月18日、札幌市内の京王プラザホテル札幌で第30回定期総会を開き、全道から多数の会員が参加しました。

総会の様子

総会の様子

15年間会長を務めた妻沼さん

15年間会長を務めた妻沼さん

はじめに妻沼澄夫会長(拓友建設(株)社長)が「今年当会は発足30周年を迎えました。これまでの取り組みを振り返りながら、さらに丈夫で暖かく、お財布に優しいSHS住宅を目指していきたい」とあいさつし、総会がスタートしました。

次に、平成29年度事業経過報告と収支決算報告が行われました。平成29年度は会員が建てたSHSの家が前年比15%増と大幅に増えたことが報告されました。次に、平成30年度事業計画案と予算案を審議し、承認されました。事業計画では、外断熱工法のパイオニアとして進化していくため、ZEHモデル仕様の技術サポートを行います。また、販促面ではこのホームページを最大限活用し、更新頻度を高め、お客さま事例の追加など、コンテンツを充実させて、SHSの家の魅力発信を積極的に行う予定です。

特別表彰の様子

特別表彰の様子

続いて、役員改選が行われました。平成15年より15年にわたって会長を務めてきた妻沼澄夫さんが勇退。その豊富な経験を活かして新たに本会顧問に就任し、会にアドバイスを送る立場となります。また、長年の会への貢献に対して特別表彰も行われました。

新会長の首藤一弘さん(丸三ホクシン建設社長)

新会長の首藤一弘さん(丸三ホクシン建設社長)

新会長には、(株)丸三ホクシン建設社長の首藤一弘さんが就任しました。首藤さんは、「高断熱高気密住宅が普及したはずの現代でも、お客様は『この家で暖かくなりますか?』と聞かれることが多々ある。今後は北海道SHS会発足当時の初心に立ち返り、断熱の重要性と魅力を訴えていきたい」とあいさつしました。

新製品について説明するダウ化工(株)三原氏

新製品について説明するダウ化工(株)三原氏

まもなく発売される、スタイロフォームHP

まもなく発売される、スタイロフォームHP

定期総会の後、ダウ化工㈱技術・開発本部製品技術部の三原典正部長が新製品などを紹介しました。新製品「スタイロフォームHP」は、熱伝導率が0.020Wと従来の押出発泡ポリスチレン3種bA相当品の0.028Wに比べて約3割性能が向上。今春の発売を予定しています。さらに、防菌・抗カビタイプをスタイロフォーム全製品にラインナップすると発表。SHS会会員は、今後こうした新製品も利用し、より良い家づくりに取り組んでいきます。

講演するフリーアナウンサー・堺なおこさん

講演するフリーアナウンサー・堺なおこさん

最後に、STVラジオのパーソナリティーなどを務める、フリーアナウンサー・堺なおこさんが「人を動かす、人の話」と題し、経営者と社員のコミュニケーションをよくするためのポイントを講演しました。パナソニック(株)創業者の松下幸之助氏の逸話を紹介しながら、いかに「聞き上手」になることが大切かを話しました。

 

なお、新年の抱負として首藤会長など有志が色紙に今年の目標を発表しました。ホームページにも専用コーナーを設けましたので、ご覧下さい。

1