Voiceお客様の声

ホーム > お客様の声 > 生杉建設 千歳市・巽さん

シンプルで味わい深くナチュラルテイストの暖かい家

生杉建設の巽さんは、ふだんはお客さまに住宅のプランを提案する立場ですが、
ご家族が増えたのをきっかけに、マイホームを自分で設計して建てることに。
プロ考えたマイホームって、ちょっと気になりますね。

子どもが生まれたのを機に

巽さんが家を建てようと思ったのは、結婚して子どもが生まれたのがきっかけ。 もともとネコと夫婦2人でペット飼育できる賃貸マンションに住んでいました。お子さんが生まれることになり、子どもをのびのび育てるために戸建て住宅に移ることを決め、「そろそろ買おうか」と土地を探し始めました。

自然環境が良い条件で探すと、自分たちの予算になかなか収まらず1年半ほど探しました。それから公園の向かいにある見晴らしの良い土地を見つけました。期待に胸膨らみ、巽さんもプランニングに力が入ります。

奥さまの意見も聞きながらプランをまとめました。1階のキッチンは、リビング、ダイニングを見渡せる見通しの良い場所に。お子さんがどこで遊んでいても、目が行き届きやすいオープンな間取りです。また、キッチンとユーティリティーの間を収納スペースとして確保。背の高い収納家具がないので圧迫感がなく、スマートな印象です。内装に使う色数を抑えたので、シンプルで飽きがきません。

収納スペースの上は、L字金物で固定されたオープンラックとなっています。ネコちゃんはここを使って冷蔵庫の上に行くのが好きだとか。眺めがいいし、機械からの熱で暖かいからでしょうか。のびのびと幸せそうです。

2階は子ども部屋と夫婦の寝室、そしてピアノを置いたホールがあります。


<写真>ワイド&ローなキッチンは広々

自然素材をたっぷりと

お子さんの健やかな成長を願って、室内は自然素材をふんだんに取り入れています。アイボリーの天然漆喰はアルカリ性。抗菌作用や有害物質の吸着分解、調湿性など、健康に良い効能があると言われています。

この漆喰は、家中の大部分の壁と天井にも塗られています。床も足触りの良い無垢材を使っています。LDKで存在感を放つ柱は、天然の蜜蝋ワックスを塗って保護。床材や柱の塗装は、家族でやりました。いい思い出になりますし、経験することで自分でメンテナンスもできます。

天然素材の内装は、時間が経つと色の変化が味わいとなります。また、汚れや傷の補修は自分でできるので、愛着が湧いてきます。ネコちゃんやお子さんがいたずらしたり傷つけても、イライラせずにすみそうですね。

大工さん手作りのダイニングテーブルやカーテンボックスがナチュラル感を強調しています。シンプルでナチュラルテイストの住まい。とってもステキです。


<写真>床、壁、天井とも自然素材を使ったLDK

昼間は暖房を切ることも

家の外観は、かわいい三角屋根。小屋裏空間を利用した納戸があるので、収納には困りません。また、屋根材は板金屋根ではなくアスファルトシングルと呼ばれる表面がザラザラした素材を使うことで、雪が落ちにくいのが特徴です。デザインもマットな(つや消しの)質感で落ち着いた感じがいいですね。


<写真>
左:リビングには吹抜けで開放感を
右:梁はキャットウォークにも

太陽が高い位置にある夏は、日射しを遮り、低い位置にある冬は日射しが中まで入り込むよう庇の角度や軒の出を計算しているとか。さすがはプロの仕事。

また断熱材は、外張り断熱のSHS工法の中で一番性能の良い「スタイロフォームFG」を採用。通常のスタイロエースよりも2割性能がアップしており、その分暖房費が節約できます。日中は窓から差し込む日射しを利用することで、室内は暖かくなり、真冬でも暖房を切る日があるとか。SHS工法の性能の良さを、日々実感しているそうです。

こうした家づくりの経験が、お客さまの家のプランニングにも生きてきます。特に自然素材に関しては、ご自分の家の経験があるからこそ説得力のある話ができます。家づくりで悩んだら、一度巽さんに相談してみるのが良さそうですね。


<写真>
左:キッチンのオープン棚はネコの居場所に
右:2階の子ども部屋は将来仕切れる設計


<写真>
左:照明で立体感がより引き立つ漆喰壁
右:外で遊んできても玄関で手洗いができる

株式会社 生杉建設

会社名
株式会社 生杉建設
住所
〒 066-0039
千歳市富士4丁目3-22
電話番号
0123-26-0035
FAX番号
0123-27-0666
営業時間
E-mail
お問い合わせはこちら
ホームページ
http://www.ikesugi.co.jp/
施工エリア

施工事例一覧