Newsお知らせ

ホーム > お知らせ > Month: 2022年7月

北海道でカーポートの人気が上昇中!選び方をご紹介

2022.07.26暮らし方 お知らせ

今年2月は札幌で記録的な大雪が降りました。古いカーポートが雪の重みで倒壊するなど大きな被害が出ました。一方で、共働き世帯が増えたことで雪かきがたいへんな手間になっています。最新型のカーポートは雪に強く、燃料費をかけずに雪かきの手間を大幅に減らせるため、人気が上昇中です。

そこで、カーポートの選び方をまとめてみました。

カーポートの役割

大雪の中、車を放置するとこんなことに

カーポートがあれば、雨や雪、太陽光から車体を保護し、きれいな状態を長く保つことがでます。

カーポートのメリット(中川製作所のカタログから)

最近は、ロードヒーティングや車庫の代わりにカーポートを採用することで、「雪かきの手間を省き、燃料費もかからない」として人気が出ています。

それでは、カーポート選びはどのようにすれば良いのでしょう?

カーポート選びのポイント

1.雪に強いか

カーポートは、建築基準法施行令第86条第3項に基づく垂直積雪量を考慮し、雪が屋根に乗った状態でも地震力に耐えることが求められています。札幌市内では垂直積雪量140cm(南区の一部は190cm)に耐えうることが必要です。現在はどのメーカーも150cm対応の製品をラインナップしており、200cm対応の製品も各メーカーが揃えています。

参考URL https://www.pref.hokkaido.lg.jp/kn/ksd/kijun/sekisetu.html

この垂直積雪量の定義には注意が必要です。雪の比重が0.3と軽めで見積もられているからです。0.3はサラサラとした新雪状態。湿った「ザラメ雪」と呼ばれる場合は0.7を超えることもあり、その場合垂直積雪量で150cm耐えられるカーポートでも70cm程度で設計上の限界を迎えてしまいます。時に雪下ろしが必要となるのは、そのためです。

気温が上昇して古い家の屋根からの落雪で倒壊した昔の木製カーポート

2.使い勝手

柱の数は、使い勝手を左右します。柱が8本以上(片側に4本以上)あると車のドアを開ける時、柱にぶつからないよう間口寸法を広めにとる必要があります。そのため、1台用の間口は3.0m以上の製品が多くなります。

柱4本の場合は、ドアがぶつかる心配がなくなるため、2.7mの製品もあります。1台用であれば柱4本を実現できるカーポートは多くあります。2台用は柱6本が多いが、なかには4本の製品もあります。

一方で2台用カーポートを設置する場合は、車2台分の駐車スペースに玄関までのアプローチ分として60~70cmほど間口を広げれば、車を2台駐車しても独立した通路スペースをカーポート内に確保できます。

玄関前のアプローチスペース(写真右側)を確保するととても使いやすくなります

3.プランの自由度

メーカーでは、一般的な1台用、2台用以外に、3台用や4台用など、豊富なバリエーションを用意してさまざまなニーズに対応しています。

住宅の敷地は整った長方形とは限りません。斜めに接道(道路に接すること)していたり、さらに複雑な形状の場合もあります。カーポートを建物と道路との間に置くことを考えると、こうした敷地条件や建物形状に合うカーポートをプランできれば利便性が高くなります。

4台用カーポート

カーポートは建築面積に含まれますが、建築基準法で「国土交通大臣が高い開放性を有すると認めて指定する構造の建築物」は対象外と定められています。たとえば、外壁を有しない部分が連続して4m以上で、柱の間隔が2m以上、天井高が2.1m以上であれば建築面積不算入の措置を受けられます。

なお、住宅をプランする時に窓の位置や開き方、あるいは玄関からの動線などに十分配慮する必要があります。たとえば、給湯ボイラー等から出る排気が金属製カーポートの柱や梁に当たると腐食しやすくなります。さらに、外開きの窓がカーポートの柱が置かれる近くに配置されると、避けるために柱の位置をずらすなどの対応が必要となり、費用が高くなってしまいます。

4.デザイン

デザイン性を高めるために、破風のデザインや、カーポートに駐めた車から降りたときに見上げた屋根裏に化粧パネルをつけるなどの工夫をしているメーカーがあります。金属製カーポートでは、丸柱を採用したりするなど、無骨な感じを和らげる工夫をする製品もあります。

破風を木目調にしたアルミ製カーポート

色は、シルバー、黒だけでなく、ホワイト、ブラウンやグレー、木目調などもあります。

木目調の化粧パネルでデザイン性が向上

5.メンテのしやすさ

カーポートは風雪にさらされるため、塗装部のメンテナンスが重要です。金属製の場合、美観を維持するためにも10年に1度は再塗装をした方が良いようです。木製カーポートの場合は、木部の防腐効果を維持するためにも3年に1度の塗り替えを勧めています。ホームセンターで売っている塗料でDIYできます。

大雪時には雪下ろしが必要となります。今年2月には、札幌圏で記録的な大雪が何度もありました。このため、古いカーポートが倒壊したり、比較的新しいカーポートでも破風が破損するなどの被害がありました。

60~70cm以上雪が積もった時は、破風に近い屋根部分の雪下ろしをした方が良いそうです。そこで、カーポートの屋根まで届くアルミ製パイプの除雪器具を発売しているメーカーもあります。巨大なスノーブラシのような形をしており、ヘッド部分で雪をかきおとします。

発売元・三協立山(株)

2年5ヵ月ぶりに北海道SHS会総会を開催 ~ お客さま向けパンフをリニューアル

2022.07.01活動報告 お知らせ

北海道SHS会は6月23日、第34回北海道SHS会総会を開催しました。実に2年5ヵ月ぶりの開催です。

みなさまもご存じのとおり、2020年2月からはコロナ渦であらゆるイベント、会合などが中止に追い込まれました。2021年の総会は中止し、議決事項はオンラインで決定しました。今年も毎年総会が開かれる1月の段階では開催できませんでしたが、「中止ではなく延期」として開催できる時を待っていました。

その後感染者が徐々に減り、また行政が要請していた行動制限が徐々に緩められても感染者の数が減ってきたため開催可能と判断。ようやく全道の会員のみなさまが集まることができました。

今回の総会では、壇上に立つ人はマスクを外して話しておりますが、参加者との間に巨大なアクリル製の透明スクリーンを立てて飛沫拡散を防止するなど、感染対策には万全を期しました。

首藤一弘会長

さて総会では、首藤一弘会長((株)丸三ホクシン建設社長)が冒頭であいさつに建ちました。首藤会長は、「北海道SHS会のホームページの充実が進んでおり、一般ユーザー様から『SHS工法の住宅で』とご指名をいただくことも増えてきた。今日は省エネ基準の義務化に対応するため、この後勉強会を行う。着々と準備を進め、時代に乗り遅れないよう共に進んでいきたい」と話しました。

続いて、令和3年度の事業経過報告と収支決算報告、令和4年度の事業計画案と収支予算案が審議され、満場一致で可決されました。

今年度の事業計画では、1.現場研修会の再開、2.断熱等級6、7に対応する設計・施工マニュアルの整備、3.ホームページのさらなる充実、4.お施主様向けパンフレットのリニューアル、5.外部研修への積極的参加-などを予定しています。

 

3年前(2019年)の現場見学研修会

現場研修会は、この会の特色の1つです。会員工務店がお互い現場を見せ合って意見を出し合うことで、ノウハウの伝承や技術力の向上を目指しています。

今年10月からスタートが予定されている断熱等級6、7への対応では、断熱材の厚みなど、仕様例を準備し、施工のおさまりなどを検証し、会員誰もが今まで以上の高性能住宅を建てられる環境を作ります。

お施主様向けパンフレットのリニューアルでは、新しい断熱等級6,7にも対応し、カーボンニュートラル実現を目指す国の方針に沿った新しい内容のパンフレットを制作する予定です。

藤井社長の代理として太田雅晴常務があいさつ

 

土田浩貴氏

この後役員改選が行われ、新たな理事として、久末弘信建設(株)の藤井將博社長、(有)創成建業の土田浩貴社長が就任しました。

 

荒田淳一氏

 

沢田泉氏

続いて、デュポン・スタイロ(株)の荒田淳一氏と富士化学工業(株)の沢田泉社長があいさつに立ちました。

 

森本恵一氏

休憩をはさんで会員研修が行われ、デュポン・スタイロ技術・開発本部製品技術部の森本恵一氏が「省エネ基準の適合義務化と見直しについて」「省エネ計算方法について」を講演しました。省エネ基準適合が義務化となった背景や国の政策の方向性について話しました。また、省エネ計算方法については、3通りの計算方法があり、自社でも計算できることなどを示しました。久しぶりのリアル会場での研修会となり、参加されたみなさんは皆真剣に話しに聞き入っていました。

 

今年度は研修会をさらに予定しています。

よりよい家づくりに向けて、さらに研さんしていきたいと思います。